断捨離対談
化粧品って、どこの家庭でも使いかけのものがいっぱいありますよね。
うちの女房もですけど、「高かったからもったいない…」と洗面台にいっぱいあるのに…。
断捨離の考え方は、使って初めてモノとして活きる。活かしてなければすでにただのモノ。
モノとの関係性を考え直して、使っていないなら、自分で成仏・弔いをしましょう。
その成仏を、ティーライフでお手伝いできないかと考えたのが「下取りセール」なんです。
成仏代行業みたいな…
そうそう。心の整理、背中の後押しをするような、そんなことができたら良いかなと始めたんです。
なぜ人はこんなにモノを溜めるのか考えると
1、過去、これを手にしたという記憶がなくなっていく心許なさ
2、捨てるという後ろめたさ
3、面倒くささ
1~3がセットになって、モノがたまっている。
下取りセールは、後ろめたさを引き受ける「心のケア」のような仕事だと思います。
ストーブなど季節によって使うモノ、使わないモノがありますよね。
このように舞台に上がって初めて利用されるものもありますが、モノの中には絶対に舞台に上がらないモノもあるはず。
でも頭の中で使うモノ、使わなかくなったモノの区別がついていないから溜まってしまうんです。
使わなくなったと認識するためには、期限を設けることが大切です。

そうですよね。断捨離の発案に至った経緯は何だったんですか?
断捨離の「断」「捨」「離」は全て引き算の言葉です。
現在はモノ、食べ物、情報、SNSを含めた人間関係の多くが過剰です。
まるでいつも満員電車で生活しているようです。
このような状況でさらに足し算をすると余計に苦しくなります。
私たちは何かを取り入れる足し算には慣れていますが、引き算をすることには慣れていない。
そもそも過剰で損なわれていることに気が付かない
この一番の問題は、本当に足りないものが見えなくなっているということです。

大切なものが見えなくなってしまっているんですね。
そう!だからこのあたりで引き算にトライしてもいいんじゃないか。
まずはモノから引き算してみませんか…という提案をしたんです。
片付かない悩みを抱えている大多数の人は、多くのモノを抱えているから苦しいんですね。
引き算していくと、空間に余地が生まれる。
そうすると思考にも余地(ゆとり)が生まれる。

断捨離は思考の回復なんです。
いらないものを捨てると空気が澄んできますよね。
そう。断捨離は、とにかくまずはやってみる!ことが大切ですね。
よく「どうやったら断捨離ができますか?」と聞かれますが、どうやったらなんて関係ない!やるかやらないか!
楽譜を読んだだけでピアノは弾けないでしょ?
下取りセールは断捨離のきっかけとして、とても有効だと思いますね。
下取りセールのことはどう思いましたか?
断捨離は実践哲学で、ご自身のフィールドにどう活かすかが大切です。
なので、こういう形で活かしてくれるのは嬉しいです。
余地のある空間は自分を応援してくれるが、モノにあふれた空間は自分をいじめているんです。
お家の中に邪魔なモノがあるということは、「邪悪」な「悪魔」があるということ。
これくらい脅かさないと(笑)
断捨離は心の御馳走なんですね。
その通り(拍手)!
本当に心の栄養なんですね。
5月は時代の引っ越しです、大チャンスです!
希望に溢れるものだけ選び抜いて連れて引っ越してあげましょう。
心を新しくするということは、そういうところから始めないとですね。
下取りセールがそのきっかけの一つになればうれしいです。