花粉シーズンの換気方法

春先は暖かく、気持ちのいい季節ですよね。暖かくなってくると、お散歩などのウォーキングも気持ちいいですよね。

ちょっと待ってください!

みなさん、紫外線対策していますか!?

実は春先は、想像以上に紫外線量が多いんです・・・今回はお肌を守るための、紫外線対策についてお話したいと思います。

紫外線について知ろう

まずは紫外線について、簡単にお話していきます。

紫外線とは「太陽が発する目に見えない光」のことです。 種類がいくつかあるのですが、その中でも地上まで届き肌へ影響を与えるのが、UVAUVBです。

UVAは太陽から届く紫外線の約9割を占め、生活紫外線とも呼ばれています。紫外線の中でももっとも波長が長く、雲や窓ガラスも透過して肌にも到達するというのが特徴です。

UVBはレジャー紫外線とも呼ばれ、真夏にもっとも量が多くなります。夏に海に行った時の背中のヒリヒリの原因はこれです。

春先は紫外線量が少ないと思われがちですが、実はUVAは春に一気に増え、真夏の量とほとんど変わらないのです。しかも残暑のきびしい9月よりも、春先4月の方が多いそうなんです!

では、これを踏まえて次に紫外線が肌に与える影響を見ていきましょう。

紫外線が肌に与える影響とは

まずUVAはシワ・たるみ・毛穴のひらきの原因となります。なんとUVAは肌の真皮まで侵入して、肌のハリや弾力に関わる線維芽細胞を破壊してしまうんです。そしてシワやたるみなどの光老化を引き起こします。
肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、長時間浴びることによって影響が蓄積していきます。

次にUVBはシミ・そばかす・日焼けなどを引き起こします。UVAと違い短時間でも肌へダメージを与えるので、注意が必要なんです。

また、紫外線の影響により肌のバリア機能が低下すると、外的刺激を受けやすい状態になります。くすみ・肌荒れなどが起きやすくなるのでしっかりとした対策が大事です。

これでバッチリ!紫外線対策

春先からもしっかりと紫外線対策が必要なことがわかりましたね!どのような対策をすればよいのかさっそく見ていきましょう。

1.紫外線の強い時間帯は外出を避ける

紫外線量は太陽が最も高くなる正午前後にピークを迎えます。できるだけピークの時間帯を避けて出かけるのも対策の一つです。

2.日焼け止めを毎日塗る

先ほどもお話しましたが、春先の紫外線もあなどれません。きちんと毎日日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めは暖かい季節だけでなく、そして屋内にいる時も毎日塗ってくださいね。

3.日陰を利用する

紫外線には太陽から直接降りかかるものほかに、空気中で散乱していたり、地表や建物から反射している物もあります。 常に紫外線にさらされているということを意識して日陰を上手に利用するようにしてみてください。

4.「日傘」「帽子」「ストール」「サングラス」などのアイテムを活用する

最近は紫外線をカットしてくれる素材でできたものも数多くつくられています。
また、ストールは衣類は、一般的に織目・編目のしっかり詰まった生地、濃い色調の方が効果的と言われています。 襟付きの服やストールなども上手にファッションに取り入れると、忘れがちな首元までしっかりカバーできて安心です。
また、紫外線は目からも吸収されますので、肌以外もしっかり対策したいですね。

まとめ

いかがでしたか?
実は春先から紫外線との戦いは始まっているのです。紫外線対策は美肌だけでなく、肌を健康に保つためにもとっても大切です。きちんと対策をして大切な肌を守りましょう。